賃貸アパートと戸建賃貸、アパート経営で有利なのはどちらでしょう?

アパート経営をお考えの方必見!新しい賃貸の形

お電話からの資料請求・ご面談予約 052-693-5431

比べればわかる、この優位性

アパート経営と戸建経営の違いを検証!

あなたの土地は、本当にアパート経営に向いていますか? 戸建経営とどう違うのか、二つを比較してみましょう。

  アパート 戸建
現状
  • 供給過多。
  • 新築が増え続けている。
  • 需要過多。
  • ほとんど供給がない。
立地条件による
需要の左右
  • 左右される確率が高い。
  • 不利な条件を克服できる場合がある。(駅から少し遠くなっても引っ越したい、という要望もある)。
収益はどのくらい?
  • 空室により変動。
  • 仮に満室が継続したとしてもあまり収益は見込めない。
  • 稼働率(入居する割合)が100%に近く、安定した収益が望める。
  • 建築コストを抑えることで高い収益を出せる。
退居の可能性
  • ターゲットの設定次第で左右する。
  • 一人暮らしなどは短期間で退居する可能性が高い。
  • ターゲットがファミリー層のため可能性は低い。
管理の手間
  • 敷地の雑草の処理や共用部分の掃除。
  • 入居者が行うため、ほとんどなし。
土地の形・大きさ
  • おおよそ20坪以上ないと建てるのが難しい。
  • 土地が小さくても、またL字型でも建てられる。
相続対策
  • 共有で相続にすると、いずれ揉め事が起きる可能性が高い。
  • 相続人に相当する人数分以上建てることで、共有の相続を回避できる。

入居不安 借入不安 税金不安 管理不安

アパート経営に比べ、需要があり収益の変動が少ない戸建経営。管理の手間も少なく、将来性があります。戸建賃貸は新たな土地活用スタイル。いまの時代のニーズに合った不動産経営といえるでしょう。


コラム〜賃貸の戸建、一度住むと離れられなくなる〜

家を住み替えるとき、グレードを下げる人はあまりいません。もし、グレードの低い家に引っ越したら、たちまち不便や窮屈さを感じることでしょう。いまさら洗濯機やエアコンなしには暮らせないように、いまよりもグレードの低い家には住めないのです。

入居者にとっていまのところ戸建ほど住みやすい家がないとすれば、転勤などがない限り、退居せずに長く借りる可能性は高いといえます。さらに、戸建に住みはじめたファミリー層は、学校や地域との交流も密接なため、なおさら住み替えにくくなります。

「いったん住むと離れられなくなる」……競争が激しいアパート経営のオーナーにとっては、非常にうらやましい話だと思います。

建築工房樹への資料請求・ご相談はこちらから!

PAGETOP

Copyright © アパート経営をお考えの方必見!新しい賃貸の形. All Rights Reserved.